音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

社員のメッセージを通して社風を表現/伊藤忠商事広告事例

 2012年2月21日 日経朝刊全15段

伊藤忠で働くということ。

現在、就職活動をしている学生の方、また社会人で伊藤忠商事でのキャリアに興味をお持ちの方に、社風と求める人材像をお伝えすることが今回の広告の目的でした。同時に日本経済新聞を読む幅広い層の読者の方に、伊藤忠という会社を少しでもイメージして頂ければと考えて作成しました。

紙面では、新卒採用PRのキーフレーズとして使用している「熱く、前へ。」を中心に、それを取り囲むように14人の社員の想いを掲載しました。これは採用関連の会社説明会やパンフレット作成の際に実際に社員が語った言葉の中から選んだもので、会社説明会の会場ではポスターにして掲示するなど連動を図りました。会社の社風は、社員一人ひとりが語る言葉の中に込められていると私たちは考えており、それぞれのメッセージが社員の仕事感や会社の雰囲気をとてもよく表せたと感じております。

あなたの覚悟は本物ですか。

「熱く、前へ。」のキーフレーズの下には、敢えて逆説的に問いかける副題を付けました。これは自分の歩みたい人生や、やりたいことを深く考えて、覚悟を持って企業を選んで頂きたいという想いを込めました。下段の人事・総務部長小林のメッセージの中にも、「自ら成長する覚悟」という言葉を使っておりますが、自分のキャリアを切り拓いていくのは、最終的には自分の意識と覚悟であると私たちは考えております。その第一歩の企業選びにおいても、覚悟を持って決めて頂くことが、重要ではないでしょうか。

掲載後、学生の方々に限らず取引先を含めた関係者の方からも、伊藤忠らしさや採用に対する姿勢を感じた、とのお言葉を頂きました。今回の広告を通じて私たちが意図していたことを多少なりとも感じて頂けたと実感しております。

(人事・総務部 採用・人材開発室)

[ 3月22日掲載 ]

[一覧へ戻る]