音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」というメッセージを、上場のタイミングで発信/スタートトゥデイ広告事例

 2012年2月29日 日経朝刊全15段

1995年、当社代表の前澤は「自分たちの好きなものを好きと言ってくれる人に紹介していきたい」という想いから、輸入CDやレコードのカタログ通販を始めました。2000年にはカタログ通販からオンラインに切り替え、アパレル商材の取り扱いを開始しました。現在ではアパレルをメインにファッション通販サイト「ZOZOTOWN」をはじめ、ファッションに関する各種情報サービスを提供しています。
そんな私たちの会社が2012年2月29日、東証第一部に上場をいたしました。
これもひとえに株主の皆様をはじめ、取引先の皆様、ご利用いただく会員の皆様、弊社と関わる全ての方々からの日頃のご支援によるものと、心より感謝しております。

日本経済新聞に掲載した当広告は、上場のご報告と、この記念すべき節目に私たちの企業理念である「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」というメッセージを発信したいという想いから生まれました。クリエーティブには、代表がバンド活動をしていた際に発行したファンジン(ファンが集まって評論、創作などを載せる雑誌)の第一号を使用しています。もともと代表が趣味で始めたことに、同じ想いを持った仲間が増え一緒に好きなことを続けていくうちに、自然とビジネスになりました。
一号目のファンジンを使ったのは、スタートトゥデイが、今もその頃の気持ちを忘れず歩み続け、そして今後も変わらず進み続けていく、という決意を表しています。

今後もどんなに会社が成長し、取り巻く環境や責任の重さが変化しても私たちの根底にある「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という想いは変わりません。
これからも私たちらしくメッセージを発信していくことを大切にし、スタッフ一同気持ちと愛を込めて一生懸命がんばりますので、よろしくお願いいたします。

株主の皆様、取引先の皆様、ご利用いただく会員の皆様、そしてスタートトゥデイで働くスタッフとその家族に、この広告をご覧いただければ嬉しく思います。

「Let's Start Today!!」

(マーケティング本部 本部長 鳥山大地)

[ 4月12日掲載 ]

[一覧へ戻る]