音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

企業メッセージがしっかり伝わる新聞広告/三浦工業広告事例

  2012年4月16日 日経朝刊全15段

三浦工業は、コーポレートステートメント『熱・水・環境のベストパートナー』の下、『世界のお客様に対して省エネルギーと環境保全でお役に立つ』ため、国内外で様々な事業を展開していますが、従来の広告活動ではボイラ以外の事業活動を伝えきれていませんでした。

そこで、今年度より私どもの企業メッセージを理解いただくのにたいへん効果的な新聞を中心に、広く社会に伝える活動を始めました。私どもはボイラ、水処理機器、コンプレッサ、食品機器、メディカル機器、排熱回収ボイラ、舶用機器、家庭用軟水器、環境分析など、熱・水・環境を軸にした多彩な事業分野で、資源の有効活用と環境に優しい社会の創造に貢献していく決意を伝えてまいります。

新たな広告宣伝のキャッチコピーを、「ワク沸クミウラ」としました。この「ワク沸クミウラ」には、お客様をもっとワクワクさせたい。社会をもっとワクワクさせたい。私たち自身もワクワク仕事がしたい。ミウラは夢(企業理念)という熱をどんどん上げて世界中をもっともっとワクワクさせていきたい。という強い想いが込められています。今回の新聞広告を起点にWebサイトへの展開など、今後は「ワク沸クミウラ」がアイキャッチとして機能するようにコミュニケーション活動を展開していきたいと考えています。

(ブランド企画室広告宣伝課課長 八木宏昭)

[ 6月21日掲載 ]

[一覧へ戻る]