音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第62回日経広告賞 大賞受賞作品/凸版印刷広告事例

 2013年3月5日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

62回目となる2013年の日経広告賞大賞に、凸版印刷の企業広告シリーズが輝いた。「印刷テクノロジーで、世界を変える。TOPPAN」を共通のコピーに、企業・社会が抱える課題を毎回取り上げ、同社がどんな解決策を示せるか紹介するシリーズで、11年から掲載している。

今回載せた広告は情報管理、ID管理、個人情報漏洩対策がテーマ。杉村亥一郎・広報部長は「意図的に写真の影の向きをばらばらにすることで読者の目を引き、キャッチコピーと解説文を読んでもらえるように工夫した。凸版に声をかければ何か手伝ってくれるかもしれないと、広告を見たお客様に思ってもらうのが狙い」と説明する。広告賞の審査では、「凸版印刷という企業が、商品のレベルを超えて、企業文化を明確に述べようとしている」(小林保彦・日経広告賞審査委員長)と高く評価された。

営業活動に結びつけるため、広告の掲載後すぐに、営業マンが各テーマに即したパンフレットをお客様に持参できるようにしている。「私たちのお客様は企業なので、新聞広告は企業の方がよく読む日本経済新聞への出稿が基本。最近はお客様の方から広告を話題にしていただくことも増えている。この広告シリーズでは、当社の事業領域の広さを伝えていくとともに、お客様の経営に資する視点を追求していきたい」(杉村氏)と抱負を語る。

[一覧へ戻る]