音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第62回日経広告賞 自動車・運輸部門 最優秀賞/
トヨタ自動車株式会社
広告事例

 2013年1月1日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

らしくないクラウン
生まれ変わりの象徴

トヨタ自動車が展開するシリーズ広告「Re BORN」の一環である。テレビCMで、生まれ変わった豊臣秀吉を演じるビートたけしさんを起用。元旦を飾る新聞広告として、「震災からの復興と良い年を願う思いを『ドラえもんみたいな国になれるといいな、ニッポンは。』というコピーに込めた」とトヨタマーケティングジャパン・コミュニケーション局の細谷聡氏。主役は、たけしさんと、高級セダン「クラウン」。発表会でお披露目したピンクのクラウンは従来のイメージを覆し、世間の耳目を引いた。広告効果で昨年1月から3月までの受注は計画を大きく上回り、文字通り「Re BORN」の象徴となった。

[一覧へ戻る]