音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

広告の風/伊藤忠商事広告事例

2014年6月19日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

野武士商人が語る「無数の使命」

ノスタルジックな雰囲気を感じさせる人物イラストに目が留まり文章を読んでいくと、総合商社の多様な仕事と、それに賭する夢や情熱が伝わってくる。今年度の日経広告賞大賞に選ばれた伊藤忠商事のシリーズ広告で、3~6月の9回にわたって掲載された。

同社がコーポレートメッセージを作成するにあたり、伊藤忠商事の独自性について取材と分析を重ねたところ、社員一人ひとりの「個」の力に行き着いた。各部門から選んだ7人について、丁寧なインタビュー取材を踏まえて登場させるとともに、株主総会の前日に岡藤正広社長の幼少期を掲載。当日にコーポレートメッセージ「ひとりの商人、無数の使命」を発表した。

「社員の個性が魅力的に伝わる」という意図からイラストを使用。幼少期の岡藤社長に「今にいたる基点と未来へ向けた“使命”を込めた」(髙田知幸広報部長)。媒体には「当社のステークホルダーと読者層が重なる日本経済新聞」(髙田氏)を選び、一社員が全面を占める大胆さが注目を浴びた。

時に野武士集団と表現される同社の個の力が表現されていて、「人を大切にする企業文化がよく分かる」(小林保彦審査委員長)と評された。

[ 11月17日掲載 ]

[一覧へ戻る]