音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

広告の風【特別編】/リネックス広告事例

2015年4月1日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

社名変更で企業理念の浸透図る

工業用ファスナー専門商社のリネックス・サンシンは、創立50年を迎えた4月1日、社名を「リネックス」に変更した。背景には、新しい企業理念体系を再構築したことがある。同社の企業コンセプト「LINK=つなぐ」と社名を一致させることで、社内意識の統一も目指す。今回の広告では、取引先などへの感謝、次の50年に向けた抱負、企業イメージの向上を狙った。

日本経済新聞を選んだのは、「読者層にビジネスパーソンが多く企業広告の効果が高いから。また、記録性、反復性、説得性など新聞の媒体特性も意識した」(管理本部)。

掲載日が入社式当日だったため、新入社員からは「このような会社に入社できることを誇りに思う」という声も寄せられたという。

[ 6月29日掲載 ]

[一覧へ戻る]