音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第64回日経広告賞 人材・教育・公共部門 最優秀賞/
東京マラソン財団
広告事例

 2015年7月31日 日経朝刊全30段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

企業と連携、社会貢献強める

3万人を超すランナーが参加する「東京マラソン」も来年10周年。節目に合わせて、主催する東京マラソン財団は新しいロゴマークを発表した。

マラソンは孤独なスポーツだが、大勢の人との出会いがある。東京マラソンは、パートナー企業にとっても新たなビジネスが生まれる場だ。同財団は今後、スポーツを通じた社会貢献を追求するために経済界との協働を強化していくという。

日本経済新聞を選んだのは、「ビジネスパーソンへの到達度が高く、経済界に大会の存在を知ってもらうきっかけになるから」(早野忠昭事業担当局長)。今回の受賞で、次の10年に向けて大きな勇気をもらったと自信を深める。

[ 12月20日掲載 ]

[一覧へ戻る]