音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

ad plus クロスメディア広告事例/東急不動産広告事例

2016年3月31日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

日経電子版広告特集

「大人の銀座」、魅力説き起こす

銀座の魅力は高級感やおしゃれさ、落ち着き、流行の先端など、多彩で奥が深い。東急不動産は商業施設「東急プラザ銀座」の開業にあたり、新聞紙面で大人が楽しめる街という魅力を打ち出した。音楽プロデューサーの松任谷正隆さんらが3日連続で銀座の魅力を語り、4日目に施設の開業と概念をアピールした。

「日本経済新聞の読者は社会的な地位が高く、消費や流行に敏感な人が多い。主要ターゲットである『本質を見極める大人の男女』にぴたりと重なる」と、同社の担当者は掲載の理由を明かす。対談広告は「企業の押し付けでなく、消費者に自分ごととして興味を持ってもらう」のが狙いだ。日経電子版にも掲載し、全国から幅広い層の集客につなげた。

また、首都圏を中心に発行する「日経マガジンスタイル」で個別のテナントや商品を紹介。雑誌媒体の特性を生かし、詳しく読み込んでもらう手法も組み合わせて重層的に伝えた。

[ 5月8日掲載 ]

[一覧へ戻る]