音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

ad plus 企業ブランディング広告事例/コマツ広告事例

2016年6月20日 日経朝刊全30段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

経験浅くても高度な仕事

切り立った左右の壁と、真っ平らに整地された地面。経験が3年足らずの若いオペレーターが、2台の建機で2日で仕上げたものだ。ICT(情報通信技術)を生かした建機が現場でどれだけ威力を発揮するか。コマツは5月下旬に実証実験し、6月に30段見開きで読者に伝えた。

「経験の浅い人でもきちんと作業ができる、と目に見える形で伝えたかった」と宣伝グループの山本克明グループマネージャーは語る。ドローンで測量した3Dデータを基に建機の作業計画を決定。あとは機械がほぼ自動で作業を進めてくれる。実際の現場を動画でも見てもらおうと、QRコードを掲載。約22時間で仕上げる様子を3分にまとめて紹介している。

日本経済新聞を選んだのは「ステークホルダーである取引先や投資家、代理店、協力企業と社員に、我が社が自信を持つ能力を見てもらう」(山本氏)のが狙い。掲載がきっかけでICT建機の受注につながるなど営業現場への支援にもなったという。

[ 8月21日掲載 ]

[一覧へ戻る]