音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

ad plus 商品ブランディング広告事例/龍角散広告事例

2016年8月8日付/22日付 日本経済新聞朝刊 日経産業新聞 日経MJ 全15段・カラー
※画像をクリックすると拡大表示されます。

確かな情報、3紙で周知

のど薬大手の龍角散は8月、「らくらく服薬ゼリー」の全面カラー広告を日本経済新聞朝刊、日経産業新聞、日経MJにそれぞれ2回ずつ掲載した。

この製品は薬を飲む時に使用する服薬ゼリー。薬の吸収・作用に影響を与えず、のどに貼り付かない特長がある。この製品が開発されて20年。薬を飲みやすくする手段の一つとして認知されてきたが、「最近、服薬に適さない製品や、本来服薬用ではないとろみ剤を使用するなど、心配な動きが見られるようになった」と藤井隆太社長。そこでこの製品を開発した企業の責任として、改めて正確な情報を発信し、社会に注意喚起する目的で出稿した。

「日経3紙に掲載することで医療機関や調剤薬局、ドラッグストア、介護施設をはじめ、流通・産業分野に広く周知し、一般ユーザーの問い合わせに正しく対応してもらうことが大切と考えた」(藤井氏)

「機能などがよく分かった」と反響は上々。POSデータ調査で新規購入率が顕著に向上するなど、市場のさらなる成長が期待できる結果も得られたという。

[ 10月9日掲載 ]

[一覧へ戻る]