音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第66回日経広告賞 最優秀賞/クボタ広告事例

 2017年3月13日 日経朝刊全30段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

世界の課題に挑戦 企業姿勢示す

パリのセーヌ河岸に小型建機がたたずむ。美しい街並みを背景に機械のシルエットが溶け込むように見える。クボタの小型建機は街中の入り組んだ場所にある歴史的建造物を傷つけずに作業できる操作性などに優れ、欧州をはじめ世界の市場でトップシェアを誇る。同社が1月からシリー ズで掲載した広告が第66回日経広告賞最優秀賞を受賞した。

「壁がある。だから、行く。」は社会貢献を掲げる企業メッセージだ。細谷祥久コーポレート・コミュニケーション部長は「『壁』は世界的な課題を指し、『だから、行く』は解決に向けて果敢に挑む当社の姿勢を示した」と説明する。

審査委員長の小林保彦青山学院大学名誉教授は「世界的な歴史景観を保全しながら、未来へつながる環境に配慮した街づくりをしていくという、『高い壁』に挑戦する企業姿勢を見せている」と評した。

3月の株主総会で株主から「素晴らしい広告。感動した」との声が寄せられたという。事業そのものが社会貢献というブランドの根幹を成す思いを、幅広い読者層に知ってほしい。この広告にはそんな願いが込められている。

[ 11月11日掲載 ]

[一覧へ戻る]