音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第66回日経広告賞 環境部門最優秀賞/環境大臣賞 福井県大野市広告事例

 2017年8月1日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

「水」による社会貢献を宣言

水に恵まれてほのぼのした地域の箱庭と、『「水の日」なんか、いらない世界に』という挑戦的なコピー。

福井県大野市は「水への恩返し キャリングウォータープロジェクト」に取り組んでいる。「水というグローバルな課題解決に貢献すべく、世界の先頭に立って様々な活動を展開していく」(同市)姿勢を宣言するため広告を出した。

日本経済新聞に掲載したのは、社会貢献に関心のある企業や個人の読者が多く、「まちのブランディングに留まらない、ソーシャルな視点を持つ取り組みを伝えたかった」(同市)からだ。

本気であることを企業に理解してもらい、事業協賛の賛同も得られたという。今後も国際的な視点で広告を展開していく考えだ。

[ 12月4日掲載 ]

[一覧へ戻る]