音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第66回日経広告賞 IR部門最優秀賞/旭化成広告事例

 2017年6月29日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

目を引く意外さ、誠実な訴求

自動車メーカーの新車発売かと思いきや、実は旭化成のIR公告だ。同社の業績を、グラフと文章で丁寧に説明している。

旭化成は2002年から、株主総会の時期にIR公告を日本経済新聞に掲載している。今回は「誠実な姿勢の訴求を第一に、『旭化成と自動車』という意外な組み合わせのビジュアルや、否定から入る印象的なコピーでインパクトを持たせた」(旭化成)ことで、株主や投資家、取引先の期待感につなげることを狙った。

本広告を見てヘーベルハウスの顧客からも問い合わせを受けるなど、反響は大きかった。今後も「昨日まで世界になかったもの」を生み出す企業であることを伝えていく。

[ 12月4日掲載 ]

[一覧へ戻る]