音声ブラウザ専用。こちらより本文へ移動可能です。クリック。

NIKKEI

NIKKEI AD Web

広告申し込みに関するお問い合わせはこちら

English Page

広告手帖

第66回日経広告賞 建設・不動産部門最優秀賞/旭化成ホームズ広告事例

 2017年8月14日 日経朝刊全15段・カラー ※画像をクリックすると拡大表示されます。

「家族を思う」物語 表現

温かみのある全面イラストのデザインに、「家族を思う」ほのぼのとしたエピソード。旭化成ホームズがお盆の時期に3日間連続で、へーベルハウスの二世帯住宅のブランディング広告を掲載した。家族が集い、自然と家族のことを考えるお盆が最適のタイミングと考え、誰もが少し思い当たるようなエピソードに共感してもらうことを狙った。本文中には「二世帯」という文言を徹底して使わず、前提を押し付けないことで読み手の間口を広げ、ストーリーに没入しやすくした。

掲載後、顧客から好意的な声が多数寄せられ、交流サイト(SNS)でもポジティブな反応が目立った。二世帯住宅の集客にも寄与したという。

[ 1月27日掲載 ]

[一覧へ戻る]