NIKKEI RAP LIVE VOICE

社会に対して訴えたいこと、
日常生活の中で思うことなど、
荒削りでも構いません。
そのままの声をラップしてみませんか。
イレギュラーで混乱の多い時代にこそ、
いまあなたが感じているリアルを
ビートに乗せて聞かせてください。
優勝賞金100万円
応募締切2022.8.31WED

オリジナルトラックは下記から
再生・ダウンロードできます。

※iOS端末をご利用の方は、
Safariからアクセスいただくとダウンロード可能です。

Track maker

ビートメイカー / プロデューサー

TOMOKO IDA

東京都出身。国内外でも数少ない女性トラックメイカー、プロデューサー。日韓トップアーティスト、RIAJトリプル&ダブル・プラチナディスク認定作品に楽曲提供実績を持つ。

審査員・アンバサダー

KEN THE 390

ラッパー
音楽レーベル“DREAM BOY”主宰

KEN THE 390

ラッパー、音楽レーベル“DREAM BOY”主宰。
ラップトレーナーなど、ジャンルを超えた様々なプロジェクトへの参加、アーティストへの楽曲提供も行っている。

インタビュー

crystal-z

ラッパー
ビートメイカー

crystal-z

医学生の傍ら、ラッパーとして音楽活動を行う。2020年にYouTube上で公開した楽曲「sai no kawara」が120万再生以上を記録。

インタビュー

Moment Joon

ラッパー
(GROW UP UNDERGROUND RECORDS)

Moment Joon

韓国出身、大阪在住。「移民」ラッパーとして活動しながら、音楽、書籍など幅広い形でメッセージを発信している。大阪大学大学院に在学中。

インタビュー

黛まどか

俳人

黛まどか

俳人。神奈川県生まれ。2002年、句集『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。「歩いて詠む・歩いて書く」ことをライフワークとしている。2021年より「世界オンライン句会」を主宰。

インタビュー

渡辺志保

音楽ライター

渡辺志保

1984年広島市生まれ。おもにライターとしてヒップホップやR&Bなどにまつわる文筆のほか、歌詞対訳、ラジオMCや司会業も行う。

インタビュー

エントリー方法

STEP 1

本サイトより音源トラックをダウンロードできます。ダウンロードできない場合は、そのまま再生してください。トラックを流しながら、あなたがラップをするパフォーマンスを録画して下さい。ラップは最低16小節、1分程度の動画で制作をお願いします。

通信カラオケ【DAMシリーズ】でもラップパフォーマンスが可能!

カラオケDAM(LIVE DAM Ai /LIVE DAM STADIUM)にてオリジナルトラックを配信中。是非お近くのカラオケボックスからも応募してください。

【 曲名 】
NIKKEI RAP LIVE VOICEオリジナルトラック①(BPM92)
NIKKEI RAP LIVE VOICEオリジナルトラック②(BPM148)
NIKKEI RAP LIVE VOICEオリジナルトラック③(BPM99)
NIKKEI RAP LIVE VOICEオリジナルトラック④(BPM89)

【 作曲 】
TOMOKO IDA

STEP 2

録画した動画をYouTubeに「限定公開」で投稿して下さい。
※「公開」や「非公開」で投稿すると、応募作品として認定できませんのでご注意下さい。

STEP 3

投稿したYouTubeのURLほか、必要事項を記入の上、応募フォームより、エントリーして下さい。
エントリー後すぐに、受付完了のメールが届きます。ご確認の上、届いていない場合は、事務局アドレスにお問い合わせ下さい。

応募要項

【ラップテーマ】
「社会やビジネスシーンに対して思うこと・訴えたいこと」


必ず応募要項をお読みいただき、ご了解の上で応募してください。

【 1.応募資格 】
  • 2022年4月1日時点で18歳以上の個人
    (団体での応募も可能ですが、その場合、18歳以上の代表者1名による登録としてください。)
    ※18歳未満の個人応募も、18歳以上の代表者を登録することで可能です。
  • 入賞した場合、2022年12月3日(土)の決勝大会に参加可能であること
  • 法人としての応募は受け付けておりません。
  • 国籍、プロ・アマの別は問いません。本大会(決勝大会含む)への参加に関して日本経済新聞社から応募者への報酬支払い・経費負担は一切発生しません。
  • 応募時は匿名(ニックネームなど含む)でも可能ですが、一次選考の通過の際は本名と住所等をご連絡いただきます。

【 2.応募方法 】
  • 応募者(団体)1名につき1動画とします。
  • 応募者(団体)のYouTubeアカウントに応募動画を限定公開でアップロードし、応募フォームにその動画のURLおよび必要事項を記入する方法で応募してください。
  • (任意)応募作品の歌詞を応募フォームに記載してください。
  • 原則として、使用言語は日本語といたしますが、歌詞の中では多言語を使用いただけます。

【 3.応募作品 】
  • 楽曲は、NIKKEI RAP LIVE VOICE事務局から提供する課題トラック4種から1曲を選び、使用してください。課題トラックは特設サイトでダウンロードできます。課題トラックの著作権等の権利は作曲者の方に帰属します。課題トラックを本大会への応募以外の目的に利用することは絶対におやめください。
  • 歌詞は、応募者自身が制作し、著作権および著作人格権を有し、未発表のものに限ります。JASRAC等の著作権等管理事業者に管理委託された作品の応募はお断りします。
  • 動画に利用する画像および映像は、応募者自身が権利を有するか、または下記4項の日本経済新聞社による利用も含め、正当な利用許諾を受けたものを利用してください。
  • 無音、トーク、カバーおよびリミックス曲は不可とします。
  • 応募動画には応募者の顔・姿が映っている必要はありませんが、決勝大会ではステージ上での歌唱パフォーマンスがあります。決勝大会はオンライン配信およびアーカイブ配信されます。
  • 制作、応募にかかる一切の費用は自己負担でお願いします。

【4.日本経済新聞社への利用許諾】
  • 応募作品の歌詞および映像の著作権は応募者に帰属されます。
  • 応募者は、日本経済新聞社が歌詞および応募動画を次の方法で利用することを無償で許諾します。
  • 応募動画を日本経済新聞社が管理する本大会ウェブサイトに掲載
  • 日本経済新聞での告知広告および採録記事に応募作品の画像・歌詞等を掲載
  • 決勝大会における応募動画の上映、会場BGM使用、決勝大会での歌唱パフォーマンスを、YouTubeおよび本大会ウェブサイトでオンライン配信およびアーカイブ配信
  • コンセプトムービーでの利用、応募動画のSNS配信、歌詞の一部のキャッチコピー利用など、本大会の広報目的での利用(同目的および同態様で協賛社が利用する場合があります。)
  • 日本経済新聞社グループのイベントの広報・紹介を目的とした各紙面、ウェブサイト、SNSおよび販促物等での利用

【 5.禁止事項 】
応募作品の内容および決勝大会参加に関して次の事項を禁止します。また、下記の内容に該当する、あるいは該当する恐れがあると日本経済新聞社が判断した作品は、応募者に通知することなく審査対象から除外します。
  • 誹謗中傷および罵詈雑言
  • 人種、民族、性別、宗教、社会的地位、政治的もしくはその他の意見に対するいやがらせおよび差別的表現
  • 性的、わいせつ、暴力的、残虐的表現その他公序良俗に反する表現
  • 自傷ならびに違法薬物使用その他の犯罪等を連想、誘発および助長する表現
  • 第三者の名誉、社会的信用、著作権、商標権、肖像権、プライバシーその他の権利を侵害するもの、ならびに、第三者の権利により日本経済新聞社による利用ができないもの
  • 個人、団体、企業、商品およびサービス等のプロモーション目的と思われるもの
  • 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似するもの
  • 応募要項に違反するもの
  • その他、日本経済新聞社が本大会の趣旨に照らし不適当と判断したもの

【 6.審査 】
  • 本大会事務局において応募作品を審査します。12月3日(土)に入賞作品で決勝大会を行い、審査員の審査により優勝作品1点を決定します。
  • 各作品に対する選考の詳細および理由は開示いたしません。
  • 事前審査通過作品、決勝大会の日程等は、本大会ウェブサイトにて広報するほか、ご応募いただいた方に個別にお知らせいたします。
    ※決勝大会に関する詳細につきましては、追って連絡いたします。

【 7.特典 】
グランプリには、賞金100万円、日本経済新聞 採録記事での掲載などを予定しています。
またグランプリに加え、協賛社賞やZ世代賞などの授与を想定。
※特典の詳細については、本大会ウェブサイトにて公表します。

【 8.個人情報 】
応募時にいただく個人情報は、応募作品および決勝進出に関するご連絡、取材のご依頼など本大会を運営する上で必要なご連絡のために使用させていただきます。また、本大会ウェブサイト、決勝大会、告知広告、採録記事、SNS、その他販促物では、アーティスト名を使用させていただきます。

【 9.その他注意事項 】
  • 優勝賞金は、ご指定の口座に100万円をお振込みいたします。
  • 決勝大会出場者の方は、自費にて交通費を負担いただきます。
  • 応募作品の歌詞および映像について第三者から権利侵害および不法行為等の申し立てを受けた場合、応募者が自己の責任および費用で対応してください。日本経済新聞社は何ら責任を負いません。
  • 本大会について日本経済新聞社と応募者の間に紛争が生じた場合、第一審の専属的合意管轄裁判所は東京地方裁判所とします。

エントリーする

スケジュール

応募期間

2022年5月27日(金) − 8月31日(水)

予選

1次 : 2022年9月ごろ予定

2次 : 2022年10月ごろ予定

予選通過者には事務局より連絡をさせて頂きます。

決勝大会

2022年12月3日(土)

NIKKEI RAP LIVE VOICE
@渋谷 WOMB